【ローン、不動産投資媒介】IPO MFSの業績推移や将来性は?

*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、きんかぶるーむです。

2024年6月のIPO案件で、不動産関係サービス関連会社が6/21(金)に東証グロース市場に上場します。

【企業名】MFS,Inc.、エムエフエス(証券コード:196A)

初値、公開価格未定。

期間(90日or180日)か公開価格の1.5倍でロックアップが設定されているので、上場後しばらくは需給が引き締まっていそうです。

VCが多いので需給悪化に注意が必要です。

2024年6月は他にも多数銘柄がIPOで上場を果たしています。

☆他のIPO銘柄分析⇒こちらから!

6/18-6/21にかけて6銘柄が上場するので、資金分散に注意が必要です。

早速どのような企業なのか調査し、MFSの特徴を確認していきます。

この記事でわかること
  • MFSの会社沿革と事業内容
  • MFSの業績とIPO資金用途
  • MFSの将来性
スポンサーリンク
株・投資信託ならネット証券のマネックス

総合評価

総合評価:X/5点

  • 成長性:4点
  • 独自事業性:5点
  • 初値期待値:X点
    • 公募価格+%

*このブログではIPO銘柄を成長性、独自事業性、初値期待値の3つの観点から評価し、総合評価としています。
*あくまで管理人の独自基準ですので参考程度でご覧ください。

MFSの会社概要

会社沿革

年月概要
2009年7月株式会社オプティを東京都港区に設立
2014年7月株式会社MFSへ商号変更し、東京都千代田区に本店移転。現在の事業を開始
2015年8月住宅ローン診断サービス「モゲチェック」をリリース。
2016年3月住宅ローン診断サービス「モーゲージ・ネクスト」をリリース。1号店(銀座)をオープン。
2016年11月モーゲージ・ネクストをモゲチェック・プラザへ名称変更。2号店(新宿)をオープン。電話診断を開始。
2017年1月住宅ローンクレジットスコアサービス「モゲスコア」をリリース。
2018年10月不動産投資総合型オンラインサービス「モゲチェック・プラザfor不動産投資ローン」をリリース
2019年5月モゲチェックで借入サービスリリース。
2019年7月住宅ローン借入可能額判定サービス「モゲパスサービス」をリリース
2019年10月不動産会社向け住宅ローン媒介サービス「モゲビズサービス」をリリース。
2021年1月融資承認確率機能をリリース。
2022年11月INVASEにて不動産価格のスコアリングサービス「Pスコアサービス」をリリース。
*有価証券報告書より抜粋して作成

2009年に創業され、不動産関係のサービスをオンラインで提供しています。

住宅ローン診断や不動産投資など様々なサービス展開をしているようですね。

MFSの事業内容

MFSは「テクノロジーと分析の力でユーザーにパワーを」をミッションに掲げ、

住宅ローン及び不動産投資用ローンの媒介、投資用不動産の媒介を主な事業として取り組んでいます。

住宅ローンにおける業務は依然として手書きの事務作業が多く、IT化が進んでいないため業務効率化の種がたくさんあるようです。

MFSは、テクノロジーを活用してこれらの課題に取り組んでおり、住宅ローンを検討するユーザーや不動産会社の負担を減らすべくサービス展開しています。

サービス名である「モゲチェック」は、「モーゲージ」の略である“モゲ”と、“チェック”からなる造語です。

きんかぶくん
きんかぶくん

モーゲージ(mortgage)とは、住宅ローンを指す英単語で、「住宅ローンのことをチェックしよう!」というサービスの意味になるようです。



サービス提供開始から、テクノロジーとデータ分析を活かして「住宅ローン借り入れ可能額の判定」「金融機関ごとの融資承認確率の推定」「ユーザーにとってベストな条件の住宅ローン商品の提案」など、IT技術を活用したサービス展開をしています。

月次の会員数及び四半期ごとの住宅ローン審査の申込数は増加が続いており、需要の高さが伺えます。

オンラインサービスへの需要の高まりや、コロナ禍において在宅勤務が普及したことによる住環境の見直し、低金利が続く住宅ローンに応じた借り入れ、借り換え需要などが影響しているようですね。

固定金利が撤廃され、コロナバブルからも脱却気味の中、今後も需要を伸ばせるかどうかが会社の成長を左右しそうです。

まだサービスの認知度も低い状態と思われますので、広告費も今後はかかりそうです。

MFSの業績推移

業績推移は以下の通りです。

MFS 業績推移 赤字

売上高は急速に増加傾向の一方で赤字が継続しています。

先行投資の影響もあると思いますので、早く損益分岐点まで売上高を持っていき、黒字化することが先決ですね。

またIPOでの調達資金の使途としては、サービスの認知度向上のための広告宣伝費、採用費及び人件費として充当されるようです。

まとめ

今回はIPO銘柄MFSについて調査してみました。

  • 不動産投資やローンの仲介で事業展開
  • コロナ禍を経て大幅に売上増加
  • 成長のカギはサービス認知度向上

不動産投資、住宅買い替えなど近年は活況な不動産業界なので、銘柄として一定の人気は出そうです。

やっていることはIT企業、銀行と変わらないと思いますので、サービスの差別化は必須でしょうね。

上場後の値動きに注目です。

☆他のIPO銘柄分析⇒こちらから!

☆IPOのオススメ証券口座⇒こちらから!

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました